任意保険の相場がわかる

見積もり利用で保険料が半額近くに・・・!

今すぐ試してみてください。

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。
まずは、保険料金の相場を知ろう!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

等級の割引と新等級表

自動車の任意保険においては、事故を起こさず安全運転に心掛けると年々少しずつ
割引きされていく制度があります。

 

割引率においては、ノンフリート等級別料率というものがあり事故を起こさずにいる
と最大60%もの割引きを受けることができます。

 

料率は下記の表の通り

 

 

初めて加入する任意保険は、6等級からのスタートとなり、表では19%の割増料金と
していますが、6等級年齢で割引きが変わります。
この等級制度において、事故なく任意保険を更新していくと1等級上がり、少しずつ、
等級が上がり、表のパーセンテージだけの割引きが受けられるのです。

 

 

50%の割引を受けるには、任意保険を契約して9年目となり、結構年数がかかります。
等級制度の割引率は大きく、自動車の運転に安全を意識しているという証のようなもの
ですね。

 

この等級制度は、任意保険の自由化がはじまる前から導入されていましたが、現在改定
されてるところです。
2012年10月からの規約者から導入され、2015年9月までを周知期間とし、
2015年10月より本格導入。

 

以前の等級制度とどう違うかというと、割増引き率も変更がありますが、以前の等級制度
になかったもの。
等級割増引きに【事故有】ができたこと、事故があると【事故有】の割増引きが採用され
表を見ての通り、【事故無】に比べ料金が高くなります。

 

もし事故を起こし補償してもらった場合、20等級で60%の割引きを受けている方だと
3等級下がり、表での17等級の【事故有】で60%から38%になってしまうのです。

 

 

補償を受けると保険料金が高くなってきますので、たとえば車庫入れで車に傷つけたなど
の修理費がそんな高くならない場合などは、車両保険を使わずに自費で修理するほうが
安くつくことも・・・!
このようなことがあるため、車両保険においては免責を付け安く抑えたりすることなどで
検討することがあります。

 

 

私は現在20等級、車は軽自動車、車は古いので車両保険も入らず、かなり保険料が安い
方だったのですが、今回の保険料金の値上げで料金が高くなりました。
もう【20等級】安くならないだろうと思っている方も、任意保険の相場を一括見積り
で調べると安いところが見つかるかもしれませんよ!

保険料の違いに差に驚き!  見積りは最大22社

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。

一括見積りをして、見直すだけ・・・!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!