任意保険の相場がわかる

見積もり利用で保険料が半額近くに・・・!

今すぐ試してみてください。

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。
まずは、保険料金の相場を知ろう!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

対物超過修理費用特約でスムーズな交渉!

【対物超過修理費用特約】とは交通事故によって損害を与えてしまった、相手の
自動車の修理代の時価額を超えた金額を50万円まで補償してくれる特約です。
交通事故での相手の車の修理代 全部「対物賠償保険」で補償してくれるのでは
と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

事故においての補償は過失割合が加算されたり、車においての時価額で計算され、
修理代が丸々補償されるというわけではありません。

 

 

 

過失割合は事故においてのお互いの 過失の(不注意)割合です。
時価額とは、一般的にその自動車の年式や型式における、経年の使用や中古車の
市場の価格などを参考に算出して価格のことです。

 

 

 

この保険会社から支払われる過失割合、時価額で、納得せず話が進まない、示談
交渉が長引くケースが非常に多いのです。
この問題をカバーする特約が【対物超過修理費用特約】です。

 

(例)

 

自分の停まっていた車に追突されたとします。(過失は0%)
私の車で説明すると、車はオンボロ 平成15年式のダイハツミラです。
時価額は、20万円(多分これくらい)ですが、修理費は40万円。
保険会社からは20万円しか補償されない。
保険会社は、時価額を超えた修理代の支払い義務はありません。

 

 

 

20万円です。納得しますか?
私は納得しません。
もし、相手の自動車の任意保険に【対物超過修理費用特約】に加入していれば、
残りの20万円が支払われるのです。

 

 

 

このように【対物超過修理費用特約】は、
スムーズに示談交渉をして、早く円満解決するため有効な特約なのです。
使える必要性が高い特約で、加入も1000円前後です。
任意保険は相手の賠償を補償するものです。
対物賠償保険で補えないところを【対物超過修理費用特約】で手厚くなる、
おすすめの特約です。

 

 

 

私の自動車ということで、例題をあげましたが、他に円満解決の方法として
自分の車両保険を使うという方法もあります。(加入していた場合)

 

 

 

【対物超過修理費用特約】だけでなく【車両保険】も事故においてスムーズに交渉
が円滑に進み、早期解決につながり、事故においての自分への負担、ストレスも
軽減される特約といえます。

 

保険料の違いに差に驚き!  見積りは最大22社

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。

一括見積りをして、見直すだけ・・・!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!