任意保険の相場がわかる

見積もり利用で保険料が半額近くに・・・!

今すぐ試してみてください。

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。
まずは、保険料金の相場を知ろう!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

支払い方法の得と損!

以前は、自動車の任意保険の支払いというと代理店、自動車ディーラーに行き
現金での支払いや口座引き落としが多かったと思います。
私も免許を所得し、自動車やバイクを所有した時、自動車屋、バイク屋にて保険に
加入しましたからね。

 

 

しかし、損害保険も自由化となり、大きくは代理店型と通販型に分けら支払い方法も
保険会社により様々です。

 

自動車の月額払いで手数料がかかることは申しましたが、今は小さなことから節約
考えている人が多いかと思います。

 

任意保険料金の支払い方法での得と損をお伝えしたいと思います。

 

 

保険料金を一括払いにしたら、月額払いの手数料を支払うことなく安くは済みますが、
更に細かく考えると、

 

支払いはどうします。

 

1.ニコニコ現金払い(代理店にて)
2,銀行振込
3、クレジットカード決済

 

他にもコンビニ決済などもありますが・・・!

 

上記3つの中でお得なのは、「3、クレジットカード決済」です。
クレジットカードで支払うとポイントに置いての還元があるからです。
1%というところが多いですが、カードによっては2%前後つくものもあります。

 

自動車の任意保険は料金が高いだけに、得があります。
1%では、10万円で、1000ポイント、5万円で500ポイント!

 

バカにできません。

 

今や小さなことから節約を考えていく時代。
「ちりも積もれば」です。

 

1.ニコニコ現金払い(代理店にて)の場合だと

 

給料をもらって現金を降ろし、お持ちの方だといいですが、休みの日曜日に保険代を
払わないとと思いだし、銀行ATMで引出し、今や自分のお金を引き出すのに手数料を
時間外で、108円、土日祝日だと、208円 手数料を取られます。
※ 銀行によって、多少変わります。

 

2,銀行振込の場合だと

 

振込手数料が取られます。自行、同支店宛だと無料という銀行も多いでしょうが、
自行(同じ銀行)、他支店宛だと、無料だったり、回数に制限3回まで無料など、
契約者に手数料の負担がカリます。

 

自行(同じ銀行)だと手数料も 3万円未満 3万円以上で金額が変わりますが、

 

3万円未満 108円
3万円以上 216円 が平均的な銀行の手数料
でしょう。

 

他の銀行だと、

 

3万円未満 216円
3万円以上 324円 さらに土日祝日(平均的な銀行の手数料)
だと更に高い。

 

一括見積もりサービスを利用し、保険料が安い保険会社が見つかったのであれば、
支払い法も検討してはいかがでしょうか。

 

 

保険料の違いに差に驚き!  見積りは最大22社

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。

一括見積りをして、見直すだけ・・・!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!