任意保険の相場がわかる

見積もり利用で保険料が半額近くに・・・!

今すぐ試してみてください。

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。
まずは、保険料金の相場を知ろう!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

事故発生 処置と確認事項

事故を起こすと、当事者(加害者・被害者)ともにパニックになり
頭のなかが真っ白になりがちです。
まずは、深呼吸をして冷静に対応できるように、周囲、被害状況等の
把握に努めてください。

 

まずは、車の停車位置は大丈夫か、死傷者の有無、車の損害は・・・!

 

 

1.怪我人の応急処置、救護!

 

 

死傷者がいる場合は、負傷者の救護に努め、すぐに救急車の呼ぶ!
応急処置が必要であれば、安全な場所な場所か確認の後(二次災害防止)
場所が悪ければ移動します。
その確認後、応急処置程度を見極め可能な範囲で応急処置を迅速に取る
必要があります。
どうしていいかわからない場合は、119番通報時に応対者に状況を伝え、
応急処置の方法を聞くといいでしょう。

 

 

2.危険防止処置

 

 

救護車の危険防止とともに、事故車両が危ない場所で車の移動が可能であれば
動かす。他にガラスなど車の部品がが道路上に散乱している場合は、現場保存
より片付けを優先し、2次災害防止に務める。

 

 

3.警察への通報

 

 

怪我人の有無にかかわらず、少し車を擦った程度でも通報に心がけましょう。
後々トラブルになるケースが多々有ります。
軽微な事故だからと自己判断せずに、迷うようなら警察に相談というしてから
がいいと思いま

 

軽微な事故で相談ということでしたら、110番通報でなく事故の場所がわかれば
近くの交番、警察署がいいでしょう。
その時、相手が「大丈夫、大丈夫」とすぐ立ち去ったとしても、車のナンバーや
車種、車の色など分かる範囲で記録を取りましょう。

 

事故を起こした時は、メモ、記録することが大事です。
警察につ方しても、「いつ・どこで・だれが・どうのように・どうなったか」など
聞かれますから・・!

 

 

4.事故の相手の確認

 

 

事故の相手の確認「免許証」「車検証」「保険会社」「証券番号」などにおいて、
相手の、「住所・氏名・連絡先・車両ナンバー」などメモを取る。
何があるかわかりません。
車には筆記具を置いておくようにしておくと、事故だけでなく、何かと便利です。

 

 

5.事故の状況を見ていた目撃者を確認!

 

 

事故の大小にかかわらず、事故の目撃者がいれば、証言を伺いメモを取りましょう。
事故を起こした時は、パニックになりメモも取れない場合もあるかもしれません。
その時は、携帯電話の録音機のがあれば録音、携帯のカメラ機能を利用し現場の状況を
撮影することも必要になります。
他に可能であれば、警察に電話をして話してもらうのもいいかもしれません。
加害者、被害者共に、助教を見ていた方の情報は重要なものになります。

 

 

6.軽い事故でも警察、任意保険会社への連絡

 

 

軽い事故、相手が大丈夫と言って立ち去った事故、もらい事故、保険会社に必要性が
ないかなと自己判断せず、必ず任意保険会社に報告することが大切です。

 

 

何度も言いますが、事故判断は禁物です。
自己判断が一番危険ですので、こんなことくらいで「警察に」「任意保険会社に」
連絡が必要か?と思うでしょうが、一度相談してみると、間違いがないと思います。
自己判断せず、自己判断で事後報告となると何を言われるかわかりませんからね。
事前に相談していると安心です!

 

 

交通事故が起こると、誰もがおパニックになりがち、わからないなら
「警察」「救急」「任意保険会社」に聞くことが大切です。

その道のプロですから、交通事故発生時のアドバイスをしてくれるはずです。

 

わからないなら、間違っても自己判断しないように・・・!
怪我をさせた相手がいるようでしたら誠意を持って対応に心かけることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

保険料の違いに差に驚き!  見積りは最大22社

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。

一括見積りをして、見直すだけ・・・!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!