任意保険の相場がわかる

見積もり利用で保険料が半額近くに・・・!

今すぐ試してみてください。

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。
まずは、保険料金の相場を知ろう!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

任意保険の未加入者との事故

任意保険の加入率のカテゴリーで、対人、対物賠償の加入率が
73.4%、1/4近くいるこをお伝えしました。

 

任意保険は事故を起こした時、事故の相手の損害に対して補償
することを考えており、自分の補償となると事故の相手からと
いうことになります。

 

しかし、相手が無保険車だったりすると相手からの保険での補償
を受けることが出来ません。
もちろん、ケガ等に関しては自賠責保険での受けることが出来ますが
補償が十分かというと疑問に思えます。

 

また、相手がいない、物損事故、電柱にぶつかったなど・・・!
このような場合は、自分に対しての損害補償を受けることが出来
ない場合も出てきます。

 

任意保険の未加入者との事故は、理不尽なところもありますが、
「無い袖は振れない」支払い能力がない人に言っても無駄ということ
ですね。

 

そのため、任意保険でいろいろな特約で対応するわけです。

 

だからといって、すべて加入していたら保険料は高くなるので、
自分のリスクにあった特約の加入を考える必要があります。

 

私もそうですが、【車はボロ車】事故をした場合車のことは考えて
いません。
安い車をを買い替えることとし、車両保険は未加入です。

 

ケガに対しては、人身傷害補償保険に加入しています。
人身傷害補償保険に加入していれば、受けたケガの補償、治療費など
補償に対し保険会社が算出した、保険金額を上限に支払われるます。
相手の保険会社の対応があり、通常では示談交渉の末相手の保険から
となりますが、示談交渉の必要もなく、支払われるので心強い保険と
いえます。

 

事故においては過失割合というものがあり、こちらが過失ゼロの時は
自分で示談交渉しなければならない。
で、弁護士特約があれば安心、必要と言われていますが、考え方を変え
人身賠償保険に加入していれば、事故において自分のケガに関しては、
過失ゼロでも示談交渉なしで、補償を受けれるため、弁護士特約も必要
ないともいえます。

 

価値がある車では、弁護士特約も必要でしょうが・・・!

 

私はボロ車なので、弁護士特約にも加入していません。
車の修理に関しては、泣き寝入りもあるかも(笑)

 

どちらにしても、任意保険の未加入者との事故、車、ケガの補償問題で
トラブルになる確率も高くなるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

保険料の違いに差に驚き!  見積りは最大22社

自動車の任意保険を安くするのは簡単だった。

一括見積りをして、見直すだけ・・・!

⇒ 無料で簡単超スピード見積り!